ビットコインの安全性は?
「仮想通貨はアヤシイかも・・」というが現実になったのは、2018年1月。

COINCHECKによる仮想通貨NEMが、約460億円が流出した事件は新聞・テレビに大きく取りあげられました。

約460億円という、とてつもなく大きな金額がなくなった!というのはビックリしましたよね。

そもそもCOINCHECKのNEM流出は何が問題だったのでしょうか?

仮想通貨が不正流出してしまった原因には「コールドウォーレット」「マルチシグニチャー」という技術が関係しているとされています。

コールドウォーレット・マルチシグニチャーは、仮想通貨のセキュリティを高める技術なんですね。

COINCHECKのNEMは、コールドウォーレット・マルチシグニチャーの対応が出来ていなかったのです。

仮想通貨の仕組み自体は問題なかったのですが、COINCHECKの運営に問題があったとも言えるんですね。

すると、他の仮想通貨の業社のセキュリティ対応状況が気になってきます。

そこで、仮想通貨の取引業者のコールドウォーレット・マルチシグニチャーの対応状況についてご紹介します。

安全性が高い取引所はどこ?

仮想通貨の不正流出を防ぐには、「コールドウォーレット」「マルチシグニチャー」という技術を対応していることが必要になります。

コールドウォーレット、マルチシグニチャー・・聞き慣れない言葉ですね^^

まずは、コールドウォーレット、マルチシグニチャーの意味についてご説明します。

コールドウォーレットとは?

コールドウォーレットとは、ネットワークに繋がっていない仮想通貨の財布(ウォーレット)のことです。

売買した仮想通貨は、ネットワークに繋がってる仮想通貨の財布(ホットウォーレット)に保管されます。

ホットウォーレットは、ネットワークが繋がっているので、外部の悪意のある第三者から狙われやすいです。

ネットワークに繋がっていると、ネット経由でハッキングされる危険性があるんですね。仮想通貨は365日24時間運用されているので、常に盗まれるリスクがあるんですね。

特に、お客さんのお金をホットウォーレットに保管しているのはかなり危険とされます。

株やFXの証券会社でも、お客さんのお金は「分別管理」といって外部流出しないよう管理されているんですね。

仮想通貨の場合は、ネット上の記録だけになるので、同じようにネットワークに繋がっていないコールドウォーレットに分別管理すべきだったのです。

仮想通貨を扱う業社の多くは、設備投資が間に合わないまま放置されていたため、COINCHECKのような事件が起きたのです。

ですので、仮想通貨の取引所を選ぶ時は、コールドウォーレットをサポートしているところを選びたいです。

マルチシグニチャーとは?

マルチシグニチャー(通称マルチシグ)とは、仮想通貨を暗号化する時の「鍵」が複数使う事を言います。

仮想通貨の暗号化は「鍵」を複数持っている方がセキュリテイ強度が高くなります。

複数の鍵を使うマルチシグニチャーにするかどうかは、取引業者が決めています。

マルチシグニチャーを採用すると、セキュリティは高くなりますが、技術的に複雑になり処理が遅くなるデメリットがあります。

仮想通貨の取引は、取引量が多いと処理に時間がかかる傾向があります。株やFXも同様ですが、暴騰・暴落時はコンピューターや通信の処理が混雑して応答が悪くなるんですね。

そのため、仮想通貨の業社は、マルチシグニチャーの採用を後回しにしてきた傾向があります。

仮想通貨の流出リスクが顕在化した今後は、マルチシグニチャー対応は必須になると思われます。

各取引業社のセキュリテイ対応状況は?

COINCHECKの事件を受けて、取引業者の多くはコールドウォーレット、マルチシグニチャーの対応を急いでいるようです。

取引業者 コールドウォーレット マルチシグニチャー
ビットフライヤー 対応中 一部の通貨は未対応
ZAIF 対応中
GMOコイン 全通貨対応済み 一部の通貨は未対応
DMMBitcoin 全通貨対応済み 一部の通貨は未対応

セキュリテイ対応が出来ていない業社は、利用するのは避けたほうがいいですね。

ただ、今後新たなセキュリティリスクも出てくる可能性があります。

ですので、長期投資する場合は、自分の資産をコールドウォーレットで持つようにするなど対策をしておいたほうがいいですね。